自毛で薄毛対策ができる|AGAの本格的な治療をするなら人気のクリニックへ行こう
メンズ

AGAの本格的な治療をするなら人気のクリニックへ行こう

自毛で薄毛対策ができる

悩むメンズ

利用量には限度がある

薄毛になった際の対処方法は、数多く存在します。かつらや育毛ケア、植毛等が、代表的な手段として挙げられます。自然な頭髪が確実に増える植毛は広く活用されていましたが、従来は人工毛で行うことが多い傾向にありました。ところが、自毛植毛の技術が向上したことで、最近は人工毛よりも主流になり始めています。ただし、自毛植毛は自らの頭髪を原材料しているので、移植することができる頭髪量には限界があります。したがって、薄毛が過度に進行して移植元が少なくなれば、実施による効果は低くなります。また、自毛植毛を行うためには、健康保険の適用されない手術が必要になります。そのため、施術するための費用は、全額を自己負担することになります。

頭髪の成長は様々

全ての頭髪は、同じ進行速度で伸び続けているように見えます。しかし、成長する程度に頭の各部位で違いのあることが、様々な研究から分かっています。具体的には前頭部や頭頂部は頭髪の少なくなりやすい部位で、後頭部から即頭部に亘って頭髪が残りやすい傾向にあります。この特徴は、大性ホルモンの影響を受けやすいことと関係しています。したがって、自毛植毛を行う際の移植元として、頭髪量の多い後頭部を利用することが一般的です。当然ながら、移植元の後頭部にある自毛は、失われてしまします。そのため、自然な自毛植毛をするためには、無駄のない自毛の採取を行うことが大切です。つまり、効果的な手術を行うためには、非常に高度な医療技術と経験が要求されます。